すいさい園とは

  1. ホーム
  2. すいさい園とは : 菜園見学
  3. 無農薬の理由 : 徹底した菌数管理

徹底した菌数管理

24時間365日 制御された、クリーンな環境下で安定栽培。

野菜を無農薬で作るのは至難の業です。必ずといっていいほど虫や病気が発生するからです。
「すいさい園」では、材料の成分吟味を行い、その安全性を確かめたものしか使いません。また、一部の消毒種子の使用は止むを得ないことですが、菜園内への入室管理や外気遮断の施設にこだわり、JAS法に規定する農薬は使用していません。

播種段階

播種段階

種子

ローズリーフ、は 無農薬種子を使用 し、グリーンリーフは農薬の一種の0.1%液で消毒された種子を使用しています。

培地(ロックウール)

天然岩石あるいは、鉱滓などを高熱溶解して繊維化する人造無機質繊維です。

育苗栽培段階

育苗栽培段階

発泡フローティングパット

発砲フロ-ティングパット

液肥

水は地下200mから汲み上げた地下水で、水質検査による有害物質及び細菌数は許容基準以下です。
溶かす肥料は、国内専門メーカーのものを使用しています。

収穫段階

収穫段階

野菜

商品開発時と栽培条件変更時は、農林水産省受託実績機関に依頼して残留農薬の検査を実施しています。
食品衛生法及び農薬取締法に準じる223項目一斉分析で確認していますが、全て検出限界未満です。

菌数の管理にこだわっています

人が病気になるような細菌は勿論のこととして、野菜の鮮度が落ちる大きな原因は細菌の繁殖で、有用成分も減少します。だから「すいさい園」では、菌数の管理にこだわっています。
毎月の社内簡易検査によって、安心いただける野菜を出荷しています。外部検査も定期的に実施しております。

確かな品質で安全をお届けします。