すいさい園とは

  1. ホーム
  2. すいさい園とは : 菜園見学
  3. 自社管理体制 : 環境制御と生産管理

環境制御と生産管理

ベジクイーンを栽培する「すいさい園」の栽培方式は、液体肥料を浸した水槽に植物を浮かせて栽培する水耕栽培の一種です。「畑」となる水槽は4段からなる立体構造、高効率の次世代型農業設備と呼ぶにふさわしい機能を備えています。また、野菜の生育環境調節機能により通年栽培が可能であり、しかも生育速度は通常の約2倍の速さです。菜園内はクリーンな環境を実現し、農薬を使用せずに栽培しています。

  • 安定した品質の野菜を栽培

    「植物工場」とは、高度に環境制御された植物の連続栽培システム。季節を問わず、安定した品質の野菜を栽培できることに大きな特色があります。

  • クリーンな菜園内

    工場内はとてもクリーンです。入室には無塵衣の着用が義務づけられており、さらに出入り口にはエアーシャワーなどの衛生設備を完備しています。

  • 水耕栽培による栽培

    「すいさい園」は、液体の肥料を浸した水槽に植物を浮かせて成長させる水耕栽培の一種です。水槽は4段あり、面積を有効に生かした栽培方法を実現しています。

24時間 環境制御・管理体制

すいさい園では、年間を通じて一定の環境下に制御された施設内で安定供給を実現しています。